読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#if 0 で囲まれた「文字」のほうの色を変える方法

はじめに

vim では、はじめから当たり前のように #if 0 をコメントと同じ色で表示してくれるのに Emacs ではそうはいかない。困ったもんだ。

一応 cpp-highlight-buffer を使うと「背景色」を変えるのは比較的簡単にできる。 (簡単と言ってもけっこう癖あるけど)

しかし、文字色を変える方法は、さらにわかりにくいので、ここにその方法を載せときます。

cpp-highlight-buffer の裏技を使う。

裏技といっても、Emacs の Face について知っていれば当たり前なのかも…。

というわけで Face を定義して cpp-highlight-buffer でその Face を使います。

.emacs に以下の設定を書くだけ。

;; cpp-highlight-buffer
(defface if-zero-face (quote ((t (:foreground "brightblack")))) nil)
(setq cpp-edit-list
      (quote
       (("0" if-zero-face default both)
        ("1" default if-zero-face both))))
(setq cpp-face-type (quote dark))
(setq cpp-known-face (quote default))
(setq cpp-unknown-face (quote default))
(add-hook 'c-mode-common-hook (lambda () (cpp-highlight-buffer t)))

やっていること

if-zero-face というフェイスを作る。フェイスは list-faces-display で列挙されるやつです。

ここでは foreground (文字色) を brightblack (黒だけど少しあかるい) にしてる。 自分の Emacs で使える色は list-colors-display で確認できるよ。

あとは cpp-highlight-buffer の設定。 #if 0 のときと、 #if 1 のときの #else 側のFace を if-zero-face と指定する。

その他 cpp-highlight-buffer の設定をいくつか。

フックを追加して c-mode とかのときに (cpp-highlight-buffer t) を実行するようにしておく。

defface で作る Face の設定を変えれば、背景色を変えたり bold, italic, underline なども指定できる。

以上

vimdiff の設定と使い方

これから仕事で vimdiff を使いそうなので情報収集。

cygwin だと vimdiff 単体では Setup.exe の検索には引っかからないけれど vim を入れると vimdiff もついてくる。

~/.vimrc 設定

set nocompatible

" 画面表示の設定

set number         " 行番号を表示する
set cursorline     " カーソル行の背景色を変える
"set cursorcolumn   " カーソル位置のカラムの背景色を変える
set laststatus=2   " ステータス行を常に表示
set cmdheight=2    " メッセージ表示欄を2行確保
set showmatch      " 対応する括弧を強調表示
set helpheight=999 " ヘルプを画面いっぱいに開く
"set list           " 不可視文字を表示
" 不可視文字の表示記号指定
"set listchars=tab:?\ ,eol:?,extends:?,precedes:?

" カーソル移動関連の設定

set backspace=indent,eol,start " Backspaceキーの影響範囲に制限を設けない
set whichwrap=b,s,h,l,<,>,[,]  " 行頭行末の左右移動で行をまたぐ
set scrolloff=8                " 上下8行の視界を確保
set sidescrolloff=16           " 左右スクロール時の視界を確保
set sidescroll=1               " 左右スクロールは一文字づつ行う

" ファイル処理関連の設定

set confirm    " 保存されていないファイルがあるときは終了前に保存確認
set hidden     " 保存されていないファイルがあるときでも別のファイルを開くことが出来る
set autoread   "外部でファイルに変更がされた場合は読みなおす
set nobackup   " ファイル保存時にバックアップファイルを作らない
set noswapfile " ファイル編集中にスワップファイルを作らない

" 検索/置換の設定

set hlsearch   " 検索文字列をハイライトする
set incsearch  " インクリメンタルサーチを行う
set ignorecase " 大文字と小文字を区別しない
set smartcase  " 大文字と小文字が混在した言葉で検索を行った場合に限り、大文字と小文字を区別する
set wrapscan   " 最後尾まで検索を終えたら次の検索で先頭に移る
set gdefault   " 置換の時 g オプションをデフォルトで有効にする

" タブ/インデントの設定

"set expandtab     " タブ入力を複数の空白入力に置き換える
set tabstop=4     " 画面上でタブ文字が占める幅
set shiftwidth=4  " 自動インデントでずれる幅
set softtabstop=4 " 連続した空白に対してタブキーやバックスペースキーでカーソルが動く幅
set autoindent    " 改行時に前の行のインデントを継続する
set smartindent   " 改行時に入力された行の末尾に合わせて次の行のインデントを増減する

" 動作環境との統合関連の設定

" OSのクリップボードをレジスタ指定無しで Yank, Put 出来るようにする
set clipboard=unnamed,unnamedplus
" マウスの入力を受け付ける
set mouse=a
" Windows でもパスの区切り文字を / にする
set shellslash
" インサートモードから抜けると自動的にIMEをオフにする
"set iminsert=2

" コマンドラインの設定

" コマンドラインモードでTABキーによるファイル名補完を有効にする
set wildmenu wildmode=list:longest,full " コマンドラインの履歴を10000件保存する
set history=10000

" ビープの設定

"ビープ音すべてを無効にする
set visualbell t_vb=
set noerrorbells "エラーメッセージの表示時にビープを鳴らさない


" vimdiffの色設定
highlight DiffAdd    cterm=bold ctermfg=10 ctermbg=22
highlight DiffDelete cterm=bold ctermfg=10 ctermbg=52
highlight DiffChange cterm=bold ctermfg=10 ctermbg=17
highlight DiffText   cterm=bold ctermfg=10 ctermbg=21

設定ネタ元

http://vimblog.hatenablog.com/entry/vimrc_set_recommended_options http://qiita.com/takaakikasai/items/b46a0b8c94e476e57e31

操作

vimdiff a.c b.c


[ c                 前の差分
] c                 次の差分

do                  他の窓の今の差分を、自分のほうへ取り込む(obtain)
dp                  自分の窓の今の差分を、他の窓へ押し込む(put)

ctrl+w w            窓を移動
ctrl+w ctrl+w       〃

ctrl+w h            左の窓のファイルへ移動
ctrl+w j            下の窓のファイルへ移動
ctrl+w k            上の窓のファイルへ移動
ctrl+w l            右の窓のファイルへ移動

ctrl+w H            ファイルの位置を左窓へ+横分割に変更
ctrl+w J            ファイルの位置を下窓へ+縦分割に変更
ctrl+w K            ファイルの位置を上窓へ+縦分割に変更
ctrl+w L            ファイルの位置を右窓へ+横分割に変更

ctrl+w [num] <      窓の仕切りを num 個左へ
ctrl+w [num] >      窓の仕切りを num 個右へ
ctrl+w [num] +      窓の仕切りを num 個上へ
ctrl+w [num] -      窓の仕切りを num 個下へ
ctrl+w =            窓の仕切りを戻す

:wqa                変更を全部ファイルに書き込んで修了
:qa!                変更を全部破棄して修了

操作ネタ元

https://ogatism.jp/vi_split_vimdiff/

ターミナルの Emacs で linum-mode にすると行番号とファイルの内容がくっついてしまう

フォーマットを指定すればいいだけだった。なんだ。簡単だなあ。

(global-linum-mode t)
(setq linum-format "%4d ")
  • %4d + スペース一つというフォーマットにした。

TeraTerm で動かしている Emacs でマウスを使えるようにする

マウストラッキング

TeraTerm などのターミナル上で動く(ホスト側の)アプリケーションは、マウスのカーソル位置などの情報をターミナルソフトに要求して受け取る機能がある。

TeraTerm はデフォルトでこの要求に答える設定になっているので、ホスト側で動くアプリケーションで、この機能(マウストラッキングというらしい)を有効にしておけば、ターミナルでもマウスが使える。

TeraTermのヘルプを見ると、もともとは xterm の機能なので、TERM環境変数が xterm 系でないと使えないのでは… と書いてあるが、Emacsは単独でこの機能のON/OFFが出来るのでたぶん大丈夫でしょう…。

Emacs の設定

(xterm-mouse-mode t)
(mouse-wheel-mode t)
(global-set-key [mouse-4] '(lambda () (interactive) (scroll-down 3)))
(global-set-key [mouse-5] '(lambda () (interactive) (scroll-up   3)))

TeraTerm の設定

設定(Setup)>その他の設定(Additional settings)>制御シーケンス(Control Sequence)にあります。

  • □ マウスイベント通知要求を受けいれる
  •  □ Controlキーを押している間はマウスイベントを通知しない

あたりがその設定。デフォルトONのはず。

操作性のメモ

mouse-4, mouse-5 はマウスホイールに割り当てられているので、ぐりぐりすればスクロール出来る。

いつもは出来ないマウスを使ったカーソルの移動も出来るようになる。 ちゃんと、クリックした位置へ Emacs のカーソルが移動します。

但し、クリックが Emacs へ渡されるので、これまで出来ていた、TeraTerm 上で右クリックして、 Windowsクリップボードの内容を貼り付ける機能は使えなくなってしまった。

でも大丈夫。それは Ctrl+右クリック でできます。

マウストラッキングモードでの TeraTerm の操作

  • Ctrl+左ドラッグ

    • コピー
  • Ctrl+右クリック

    • ペースト
  • Ctrl+Alt+左ドラッグ

    • 矩形コピー

マウストラッキングモードでの Emacs の操作

  • 左クリック

    • カーソルがその位置に移動しマークをセット
  • 右クリック

    • カーソルが移動しマークからその位置までを選択
  • 左ドラッグ

    • ドラッグ開始位置にマークをセットし、キーアップ位置までを選択
  • 左ドラッグ

    • 右クリックと同じ。キーアップしたところがクリック位置とみなされる。
  • ホイールを上へ

    • スクロールダウン
  • ホイールを下へ

    • スクロールアップ

終わり

Emacs の標準のインデント動作を変更したい -- namespace ではインデントしたくないんだ! --

問題点

namespace の {} 内でインデントしてしまう。

namespace My {
    namespace World {
        void func()
        {
            // ...
        }
    }
}

namespace はネストすることも多いし、インデントしたくないなあ……。 例えばこんな感じで…。

namespace My {
namespace World {

void func()
{
    // ...
}

} // End of namespace World
} // End of namespace My

さらにもともとインデントしているファイルは 勝手にインデントを変更せず、そのままにしたいなあ…

namespace Their {
    namespace World {
        void func()
        {
            // ...
        }
    }
}

処方箋

Emacs の設定を変更。c-offset-alist の innamespace などの設定を (c-lineup-dont-change) に変える。

Customize で C Offsets Alistを変える。

  1. M-x customize
    • Programming で Enter
    • Language で Enter
    • C を選択して Enter
    • C Offsets Alist を選択して Enter
    • (M-x customize-apropos で c offsets alist を検索してもいける)
  2. C Offsets Alist の 一覧が開く
  3. 下記の設定値の左のチェックボックスを ON にして…
    • namespace-open
    • namespace-close
    • innamespace
  4. 値を (c-lineup-dont-change) に書き換える
  5. State ボタンをおして…
  6. Save for Future Sessions を実行 ==> .emacs とかに設定が書かれる。

以上。

おまけ

  • extern "C" {} とかもインデントしたくない場合は
    • extern-lang-open
    • extern-lang-close
    • inextern-lang
  • も同じ設定にする。

参考資料

TeraTerm 上で Emacs を動かすと utf8 の罫線が短くなる問題の処方箋

問題点

Utf8 の罫線(等)を表示するときに TeraTerm で変な変換をかけているらしい。 外国のひと向けに罫線の長さを半角にして表示している様子。 罫線を全角表示したいわれわれ古い日本人には必要ない設定のようだぞ。

処方箋

TERATERM.ini の設定を変更する

  • UnknownUnicodeCharacterAsWide を off ==> on に。(こっちはついでにやってみた)

  • UnicodeToDecSpMapping を 3 ==> 0 に。(こっちが問題の本質)

TERATERM.ini

; Unknown Unicode character handling
UnknownUnicodeCharacterAsWide=on

; Mapping of Unicode to DEC special character
;   The sum of following values:
;   1 : Box drawings (U+2500-U+257F)
;   2 : Bullet (U+2022)
;       Hyphenation point (U+2027)
;       Light shade (25%) (U+2591)
;       Medium shade (50%) (U+2592)
;       Dark shade (75%) (U+2593)
;       Black small square (U+25AA)
;       Black vertical rectangle (U+25AE)
;       Black verty small square (U+2B1D)
;   4 : Middle dot (U+00B7)
;       One dot leader (U+2024)
;       Bullet operator (U+2219)
UnicodeToDecSpMapping=0

設定をファイルに保存し、 TeraTerm を再起動し、 emacs -nw でファイルを開くと、 罫線が正しく表示された。

ご参考

  • =>TeraTerm設定ファイルの説明
  • ここ(↑)にある下記を参照。
  • 同じものは TeraTerm のヘルプからも見られます。

  • TeraTerm を C:\Program Files とか Windows の管理しているフォルダにインストールしている場合は、TERATERM.ini を管理者権限で開く必要あるかも。

  • Emacs ではこれで OK だった。しかし vi では表示は治ったけどカーソル移動が変。 vim なら動くかな(試してない)。たぶん Unicode の曖昧な文字幅の影響だろうね。

.emacs の utf8 設定

ちなみに Linux 上で動かすときは .emacs には下記の設定を入れている。 設定をしないと変な命令をターミナルに送るらしく、行ずれが起きていた。

(set-language-environment "Japanese")
(set-terminal-coding-system 'utf-8)
(set-keyboard-coding-system 'utf-8)
(set-buffer-file-coding-system 'utf-8)
(setq default-buffer-file-coding-system 'utf-8)
(prefer-coding-system 'utf-8)
(set-default-coding-systems 'utf-8)
(setq file-name-coding-system 'utf-8)

参考資料

git difftool で WinMerge を起動する方法 for Cygwin

cygwin なので cygpath での変換が必要。

$ git config --global diff.tool WinMerge
$ git config --global difftool.WinMerge.cmd \
"\"/cygdrive/c/Program Files (x86)/WinMerge/WinMergeU.exe\" \
-u \`cygpath -am \"\$LOCAL\"\` \`cygpath -am \"\$REMOTE\"\`"

$ git difftool -y
==> WinMerge で index と working tree を比較。

$ git add -u
$ git difftool --cached -y
==> HEAD と index を比較。

$ git difftool -y HEAD
==> HEAD と working tree を比較。
  • HEAD: git commit したの。
  • index: git add したの。まだ commit していないの。
  • worikng tree: ふつうに作業してるディレクトリツリーにあるの。