秀丸のキーアサインをEmacs風にする

秀丸のキーアサインを Emacs 風にする

VS CodeEmacs Friendly Keymap という Extension を入れて Emacs 風の キーマップにしたので、秀丸Emacs Friendly Keymap に合わせてキーマップを変更した。あと自分用に少し追加。

制限

  • 秀丸は C-x s と C-x C-s とかの区別が付かない。 区別つく。iskeydown(0x11) でCtrlキーが押されているかどうか判定できた。
  • C-x s とか C-x r t とか多段キーストロークで一つのコマンドを実行する機能は、秀丸ではユーザーメニューを C-x などのキーに割り当てて実現するが、ユーザーメニューは最大 8 枚しかないのでせいぜい 2 ストロークまでかな。 3 ストロークの割り当てはできるけど数が限られる。でも、マクロの中で inputchar() でキー入力を受け取ることが可能なためユーザーメニューを使わずに多段キーストロークに対応可能だった。そのとき、 iskeydown(0x10) でのShiftキー判定、iskeydown(0x11) のCtrlキー判定、iskeydown(0x12) のAltキー判定を組み合わせれば何でもできちゃいそう。たとえば C-x キーにC-x.macマクロを割り当て、C-x.mac の中でinputchar()で次の入力を受け取って、 r が押されてたら Prefi Command だから再び inputchar() で次の入力を待ち合わせる・・・とかやれば、いくらでも多段キーストロークのコマンドがつくれそう。(但し inputchar() で読むと rC-r は違うキーコードになるので、なんか汎用的に作るのはそれなりにたいへんそうな気がする)
  • 当然ながら、用意されている機能は Emacs の機能とは違う。秀丸の機能をそのまま割り当てても Emacs と同じようには機能しない場合がある。
  • 但し、いくつかは同じ動作になるようマクロを書いた。
  • LittleEmacs.KEY には、ここに記載のないコマンドも登録されてたりするかも。普段使っていたキーマップに追加してしまったので。

ダウンロード

ぼくの秀丸マクロ

  • LittleEmacs.KEY ファイル
  • kill-line.mac (C-k)
  • open-line.mac (C-o)
  • recenter-top-bottom.mac (C-l)
  • delete-other-window.mac (C-x 1)
  • comment-region.mac (C-c C-c)
  • keyboard-quit.mac (C-g)
  • tab-to-tabstop.mac (M-i)
  • just-one-space.mac (M-space)
  • delete-horizontal-space.mac (M-)
  • delete-blank-lines.mac (C-x C-o)
  • other-window (C-x o)
  • C-u.mac (C-u 7 2 = で = を72個挿入したりする)
  • C-x_o.mac (C-x o と C-x C-o を切り分ける)
  • C-x-experimental.mac (C-x.mac の実験用)

おまけ

  • hr.mac 水平線ひく
  • datetime.mac 日付挿入
  • hr-and-datetime.mac.mac 水平線引いて日付挿入
  • keycode.mac キーコードを表示 (C-x の実験用)

インストール

  1. .mac ファイルを秀丸のマクロフォルダに入れる。メニューからツール>マクロ用のフォルダ で開く。たぶんデフォルトではここ↓ C:\Users\name\AppData\Roaming\Hidemaruo\Hidemaru\Macro
  2. LittleEmacs.KEY を秀丸の設計ファイル置き場に置く。たぶんここ↓ C:\Users\name\AppData\Roaming\Hidemaruo\Hidemaru\Settings
  3. LittleEmacs.KEY ファイルを秀丸のメニュー>その他>キー割り当て>読込み で読み込む。

キーストローク

基本的に Emacs Friendly Keymap Extension と同じ。 いくつかのキーはうまく設定できなかった(後述)。

追加したキーストローク

いくつか、Emacs Fridndly Keymap にはない秀丸の機能をキーに割り当てたり、マクロを書いたりした。

キーストローク 機能 メモ
C-k カーソルより後ろをカット kill-region.mac で一応対応。
マクロ内の変数 #kill_whole_line が 1 なら行頭で C-k すると改行も切り取る。
0 なら Emacs のデフォルトの動作になる。
C-g キャンセル keyboard-quit.mac で一応対応。秀丸で Esc 押すのと同じ。
M-i タブ tab-to-tabstop.mac で対応。
C-o 空行を挿入。カーソル位置はそのまま open-line.mac で対応。
C-x i カーソル位置へ読込み insert-file.mac で対応。
C-c C-c 選択範囲をコメント comment-region.mac でざっくり対応。
Emacs では C-u C-c C-c でアンコメントだが C-c C-c でトグルします。
対応言語は C/C++/Java/C#/Swift/Go/html/css/javascript/
TypeScript/PHP/perl/python/ruby/shell/
秀丸マクロ(mac)/bat を予定。
言語はファイルの拡張子で判断する。判断できないときは '#' をコメント用の行頭文字と見なす。
C/C++ のコメント形式はデフォルトで // コメント。
/ / コメントにする場合はマクロ内の $comment_text_pre/post を変更する。
他の言語も同様。言語ごとに設定できるようにしてある。(すべての言語でテストはしてないけど)
M-space カーソルの周囲の空白を1つにする just-one-space.mac で実現。
M-\ カーソルの周囲の空白を全部削除 delete-horizontal-space.mac で実現
C-x C-o 空行を一つにする delete-blank-lines.mac で実現。
C-x C-x 前のカーソル位置 Emacs では exchange-point-and-mark.
C-@ 直前の操作の繰り返し Emacs では C-x z zzz...
C-x y やり直しのやり直し 元 Ctrl-y。 C-x u が Undo なのでその隣。
C-_ やり直しのやり直し C-/ がやり直しなので隣のキーに設定。
C-\ やり直しのやり直し C-/ がやり直しなのでBackslashに逆の意味を。
M-l 小文字変換 範囲選択後実施する
M-u 大文字変換 これも範囲選択必要。
M-y 貼り付け+履歴戻し Emacs の M-y (yank-pop) とはやや動きが違うけれど少し似てる。そのうちマクロで yank-pop 同等にしたい。
M-s u TAB -> 空白変換 よくやるのでキー割り当て。
M-s t 空白 -> TAB 変換 よくやるのでキー割り当て。
M-s s すべての候補を選択 直近の検索文字列をすべて選択。VS Code の Ctrl-d に似た機能。
M-s c すべての候補を色つけ 直近の検索文字列に色つけしてハイライト
M-s l すべての候補を一覧表示 直近の検索文字列にヒットする一覧
M-s y 引用符付き貼り付け メールの返信で使いたい。

制限付きのキーストローク

キーストローク 機能 メモ
C-x C-l 英小文字へ変換 「大文字 ←→ 小文字変換」にした。これは一文字ずつしか変換できない。いまいちだったので、M-l, M-u に別途、小文字変換、大文字変換を設定した。
C-x 1 画面分割を解除して1画面にする 秀丸に分割解除の単独コマンドはないので左右分割を割り当てた。左右分割中にもう一度左右分割すると1つに戻るので。
C-x 2 左右二分割 左右分割するが、最大2分割まで。もう一度左右分割すると1つに戻る。
C-x 3 上下二分割 上下分割するが最大2分割まで。もう一度丈夫分割すると1つに戻る。
C-x z 全画面表示 Emacs では操作の repeat 機能。Emacs Friendly Keymap では Zenモード(動かないけど)。とりあえず秀丸では全画面表示を割り当てる。
C-l 最後の編集箇所へ移動 Emacs ではカーソル位置を画面センターにする機能。秀丸にこの機能は無い様子。かわりにもともとアサインされていたままコマンドにしておく。
C-Enter 改行 Emacs Friendly Keymap ではなにか置換ダイアログで1つ置換に使うらしいが改行にしとく。
C-M-n 対応する括弧に移動 Emacs Friendly Keymap ではeditor.action.addSelectionToNextFindMatch(デフォルト Ctrl-d)だが、 Emacs では forward-list とかなので Emacs の動きに近い処理にする
C-' (C-^) 単語補間 Intellisense は秀丸にはないので単語補間のリスト表示にした。
C-M-Space Toggle Sidebar Visivility これは秀丸のファイルマネージャ枠表示の切替にしてみた。でもトグル動作してくれないなあ。

設定していないキーストローク

キーストローク 機能 メモ
C-x C-u 英大文字へ変換 C-x u (Undo) とかぶるので設定不可。Emacs でも間違いやすいので disabled になっている。
C-x C-k タブを全部閉じる Emacs Friendly Keymap 独自のキーアサイン。C-x k (ファイルを閉じる)と区別が付かないので設定不可。
M-x コマンド入力窓 この機能は秀丸には無い。
C-; 行ごとにコメント 取り合えす C-c C-c で代替
M-; 選択範囲をコメント これも C-c C-c で代替